topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またか・・・ - 2017.10.27 Fri

河川敷の土手下の水が

やっと引いたのに・・・


P1050089.jpg

また台風か・・・





見えない恐怖 - 2017.10.23 Mon

台風21号・・・。

雨や強風があり、避難準備は出たけど、

それ以上にならなかったので、

いつもよりチョット遅い朝散歩に行きました。

いつもの散歩コースの河川敷も、避難準備と言われる程でもないよね・・・と、

お散歩中に会うワン友と話し、普通に散歩。

でも土手下は、やっぱり普通とはいかないようで、

またまた散歩中にご挨拶する、おじさんに、

この先はいけないよ!ふくらはぎまで浸かりそうだよ!と言われ、

Uターンしたりして、いつもの散歩コースの半分になってしまいました。

これは、むぎが我が家に来て8年半で初めての事だけど、

でも、いつまで続くんだろう・・・と言う

ずーーーーっと長雨だったうえ、それに台風が来たのだから、

まぁ、これくらいにはなるのだろう・・・と思っていました。

むぎは、久しぶりに雨が降っていない散歩でテンションアゲアゲで、

いつもの散歩コースを全てチェックしたい様子でした。

でも、この先行けない・・・

いつも通りに行けるつもりでいる、むぎも、

1度行ってみたけど、チョット足が浸かると戻って来ました


171023_0815~02


でも、これくらいで済むなら、

台風で被害に遭われた方に比べたら幸いな事です。



でもでも夜散歩で、

そのお散歩コースが今まで見たことがない事態になっていて、

こういう時に限って、散歩友に会わない

この状況が不安で、散歩帰りに義母に

河が氾濫している!と話しました。

いつもの河川敷(土手下)の散歩コースが全滅で、

河が氾濫しているようで、もう歩けない!どころか、

私なんてスッポリ見えなくなるくらいに土手下の河の水が来て、

プールみたいになっていて怖い!と話しました。

台風が過ぎると、ニュースにもなりませんしね

これも全て、むぎが我が家に来てから初めての事で心配です。



義母も、多分上流からの雨が多く、こうなったのだ、

何十年前にもあった事があると・・・

何十年前と、今では異常気象で違うし・・・

いやいや、え?避難準備の時よりも圧倒的に命の危機を感じる状況なんですけど・・・。

でも、もうとっくに避難準備警報は解除されているし、

気象庁でも、河川の増量には気を付けて下さいだけだし、

今、この状況を眼で見ている人はいるの?

これ以上の水位になったら、誰か監視しているの?上流からの流れはいつまで続くの?とか、

台風やゲリラ雨の時や、昼間に監視しているんじゃないの?とか、色々悪い方に考えます。




ウフッ・・・ - 2017.09.29 Fri

柴犬が柴犬柄のクッションで寝てる・・・。

思わず、ウフッ・・・と、微笑んでしまいます。


P1050020.jpg




 - 2017.09.26 Tue

術後に思った事。

手術をするべきか?迷い、何度かいった事がある、

セカンドオピニオンで行った病院で、

先生の説明を聞き、

むぎの手術を出来る日を聞いて、

それが去年亡くなった私の兄の命日でした。

末期の癌でも、むぎは元気?と気遣ってくてた兄なら、

むぎを見守ってくれると思い、決めました。


兄は犬好きではないですし、会ったのも王子の葬儀の時だけ。

でも、私にとって、むぎの存在が大きい事を察していて、

面会に行くたびに、むぎは?と言ってくれました。


むぎ、チョット心配で診てもらったんだよ・・・と言うと、

え?大丈夫?と、言ってくれる人でした。

いやいや、自分の方がどうみても心配でしょ・・・と、私の心の声。


それを義母に話をしたら、

むぎも心配だけど、むぎが病気になったら、私も大丈夫じゃなくなる・・・

それの大丈夫?って事なんでしょ?と言われ、

そうだったのか・・・と思った事があり、

こんなに優しい兄と、王子が見守ってくれているなら、

手術が上手くいかない分けがない!と思って決めました。


で、手術問題なく、

術後は、むぎの性格から心配になる事がありましたけど、

今では、ストレス解放!お散歩ルンルン!


王子はいつでも見方でいてくれていると思うので、

今回の手術は、私がずっと迷ってきて、

決断出来ずにきた避妊手術を、

兄が導いてくれたのかな?と思いました。





 - 2017.09.15 Fri

避妊手術をする事にしたのは、

むぎが偽妊娠をするようになり、

それがどんどんストレスになっているように思えたから。

それと膣炎になり、

オリモノのような物が出て、

これが膣炎だったから大事には至らなかったけど、

子宮蓄膿症だった場合、

避妊手術をするよりも、子宮蓄膿症の方が、

麻酔時間も長く・傷口も大きくなる・入院も長引くし、

年齢と共にリスクがあがっていく・・・

だから、心身共に負担が掛かるよ・・・と、先生に言われ、

麻酔のリスク・開腹手術をする事・むぎの偽妊娠ストレスを考えると、

今、しておいた方が良いのではないか?

これが避妊手術をする最後のきっかけなのかな?

これでしなかった場合、将来この病気になった時に絶対に後悔するな・・・と。

それで、避妊手術をする事にしました。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

流れ星

Author:流れ星
お誕生日 2009年3月31日女の子
2度の飯よりお散歩が好き
嫌いな事はシャンプー
特技?は一度歩いた道は忘れません

2010年にお星さまになってしまった星の王子に見守られ、1人と1ワンの何気ない毎日です

最新記事

最新コメント

お友達リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。